「結納」だの、「婚礼荷物」だの
位置付けばったことをいわなくてもいいのが
これからの時代、新しい時代の嫁入りコーディネートだ。 

毎日の生活を快適に明かすためには
最低限の電化品物や荷物を用意することは必要ですが
明らかに「不都合」になるものはだめ!

とにかく、勇退が多く各地を転々とすることがわかっているヒューマンは
引越の包装の面倒を取り除ける有益製品がお勧めです。

例えば、押入れ維持荷物や彩りボックスなど
客間やスペースによってレイアウトできるものがあると
新居での割り付けにも利用がききます。

なによりも、引越のときに傷めないかなど
余計な疑惑をしなくてもいいのでうれしいですね。

間近が結婚したのは、既に、20年代以上前のことですが
各地への勇退が必要な結果
いわゆる「婚礼一式」は婚家に預けっぱなしだそうです。

当時、間近が婚礼一式を用意したのは
体裁を考えてのことだと思います。
但し、自分たちの生活に必要なものを合わせる地のほうが
これからの時代には要だといえます。